合宿免許で中型車を取得する時のポイント

“合宿免許を利用して中型車の運転免許を取得する際の費用は、利用する合宿免許プランによって異なりますがおおむね20万円前後となることが多いです。余計な内容をカットし、教習・宿泊だけに対応しているプランなどでは15万円程度に費用を抑えられる可能性もありますが、逆に観光や温泉などを楽しむ内容が含まれているプランを利用する場合には30万円近く費用が掛かる可能性もあります。自分がどのような目的で利用したいのかや、金銭的な余裕などとよく相談してプランを決めることが大切です。

合宿免許の期間は、AT車で14日、MT車で16日と言うのが基本です。いわゆる最短卒業日数となるのがこれで、観光などの時間がつかされる場合は数日程度期間が長くなります。ただし、これはあくまでも最短日数である為、仮免許や卒業試験をパスできなかった場合には数日期間が延びる可能性があります。

期間延長になった時の対応に関しては、参加する合宿免許ごとに取り扱いが変わってくるため、申し込み前にしっかりと確認しておくことが重要な注意点です。

卒業後は、最寄りの警察署や運転免許センターで学科試験を受験し、合格すればその日のうちに免許が交付されます。学科試験を受験しなければ運転免許は発行されない為、卒業後は速やかに学科試験を受講することが大切です。期間が空いてしまうとせっかくの知識を忘れてしまう可能性も出てくるため、出来れば卒業翌日~一週間以内に受験するのが理想です。”