合宿免許を利用して大型を取得する為の情報

“合宿免許を利用する人のほとんどは「中型免許」を取得する目的で参加していますが、この他にも自動二輪・大型免許なども合宿免許を利用して取得することができます。

大型免許の場合、中型を取得していることが前提となっているので最短日数は9日と非常に短く設定されています。中型免許や大型特殊免許を取得後、3年以上が経過した段階で取得資格が得られます。中型免許の場合、運転に必要な技術の他に交通法規や応急救護などの講習も受ける必要がありますが、大型免許の場合は基本的に運転技術だけです。その為、期間的にも短く設定されている訳です。

料金はおおよそ20万円を超える程度に設定されることが多く、相場としては22~25万円程度です。参加する合宿免許によって詳細な料金には違いがありますが、中型免許程料金に差が無い状態です。

合宿免許を卒業したら、運転免許センターなど対応している場所で運転免許交付の申請を行います。中型免許の場合は学科試験を受講する必要がありましたが、大型免許の場合はすでに学科試験を突破しているので視力検査などの簡単なものを行うだけで免許が交付されます。場所によっても違いますが、午前中で免許が交付されるという流れが一般的です。

大型免許を合宿免許を利用して取得する時の注意点となるのは、「場所によって路上教習の難易度が変わる」と言う点です。周辺の道路の環境や走っている車の数などによって状況が変わる為、極端に環境が違う場所で教習を受ける場合は卒業後にしっかりと準備をして路上を走るようにした方が賢明です。”